「新クリーンセンター事業」と今後

 暦は6月に入った。我孫子市議会は昨日(6月1日)、6月定例市議会の初日を迎えた。私が市議会議員だった頃、この時期は質問原稿の準備に忙しい頃なのだが、昨年11月に市議会議員を引退して、その仕事も今はない。やはり少し寂しい。仕事に追われるくらいが人間にはちょうど良いと思う昨今である。  昨日の6月定例市議会初日、市長が述べた「市…
コメント:0

続きを読むread more

ご当地発車メロディー(2) GET OVER IT TOGETHER!

 5月も今日で終わり、コロナ禍で世の中全体が先行き不透明、何となく、暗くなっている昨今であるが、昨日は久しぶりにうれしいメールをいただいた。市内に住む高校2年生、織田涼佑くんからである。  その内容は織田くんが3年前から、調査・企画立ち上げ、署名運動など展開してきた「我孫子駅発車メロディー」が今年、7月1日水曜日の始発電車から…
コメント:0

続きを読むread more

秋霜烈日

 直射日光が目に眩しい。やっと本来の天候に戻りつつあるようだ。日本では緊急事態宣言が全面的に解除されたが、世界を見ると米国でコロナによる死者が10万人を超えた。ブラジルなども感染拡大が進んでいる。そして、何より、多くの識者から異口同音にコロナの第2波は必ずやってくるとの報道が、既成事実となっている。このまま、すんなりと収束にはい…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍における自治体行政

 この所、どんよりとした肌寒い日々が続いている。5月にしては日照時間が極めて少ない。現代のコロナ禍を天候が示しているようだ。 今年がこんなに暗い年になるなんて、お正月には考えもしなかった。新型コロナウイルス感染症によるパンデミック(世界的大流行)は私たちの生活に想像以上の悪影響を及ぼしている。そして、人と人が出会い、語らうことがで…
コメント:0

続きを読むread more

検察庁法案成立見送りと政治の闇

 現在、新型コロナウイルスの感染防止対策に国を挙げて全力を注いでいる最中である。国民には「不要不急」はやめろと言いながら、どさくさ紛れに国会に提出されていた検察庁法改正案(内閣の裁量で検事総長や高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ法律)は今国会での成立が見送られた。私は政権側が恣意的な人事を可能となる、この改正案は廃案…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市独自の支援策(5月15日臨時市議会)

 コロナ禍の中、全国で発せられていた緊急事態宣言を39県で前倒し解除をしたものの、第二波の注意は、今なお必要であり、緊張と警戒を解けない状況下にある。そんな中、昨日(5/15)、我孫子市議会臨時会が開かれた。議題はもちろん新型コロナウイルスの影響で売り上げ減少等、厳しい経営が続く、市内の事業者に向けた我孫子市の独自支援策についてであ…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言の延長

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が全国で5月末まで延長された。我孫子市内のスポーツ施設や文化施設など公共施設の利用は現段階では6月末までは全面使用禁止となっている。7月以降も使用できるか、否かは全く未定である。外出自粛や休業要請は2か月目に突入し、さらなる延長で事業者は深刻な打撃を受けている。コロナ禍による倒産も5…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍で私が分かったこと(その1)

 一昨日で連休が終わった。医療現場などを支え続けてくれた人たちに心から感謝したい。そして、自分も含めて、行楽に行かないで我慢をした人々も褒めたいと思う。とにもかくにもゴールデンウィーク(長期連休)が終了した。先月、4月7日にスタートした緊急事態宣言発令、当初1カ月程度と発表された自粛期間も案の定、延長となった。今回のコロナ禍であらた…
コメント:1

続きを読むread more

5月の連休(ゴールデンウィーク)に思う

 例年にない寂しい・異例のゴールデンウィークを迎えている。こんな5月の連休は今まで、誰も経験したことがないだろう。5月6日までとなっている緊急事態宣言は解除されない。どうやら延長が決まったようだ。これから、あと一カ月間もまた、自粛生活を続けなければならない。外出も出来ず、感染者の数も明確にならない。何となく、もやもやとしたSTAY・…
コメント:0

続きを読むread more

自治体における新型コロナ独自策

 今朝、10時、家にいると近くの防災行政無線から、『市長の星野です。新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大し、現在、緊急事態宣言が発令されています。新型コロナウイルス感染症患者の命を救うために、感染症との闘いの最前線で日々懸命に働いている看護師さんや医師など医療従事者の皆さまに、心から感謝申し上げます。現在の医療体制を続けていくため…
コメント:0

続きを読むread more

外出自粛の日々(スティホーム週間)

 昨夜は季節外れの雹が降った。この所、変わりやすい天候が続いている。そして本日、4月25日(土曜)は朝から雲一つない快晴、いつもの年なら、気分はWin-Winのゴールデンウイーク前である。  しかし、今年は新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が継続され、強く、外出自粛を求められている。そんな中、昨日、俳優、岡江久美子さんのコロナウ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ疲れと市民生活

 千葉県を含む7都府県に緊急事態宣言が発令されてから、本日、21日で2週間を迎えた。しかし、残念ながら感染者の拡大は続いており、終息の兆しは一向に見えない。それどころか、本日のニュースで報じられているように市民生活の拠り所である市役所の本庁舎を閉鎖せざる得ない自治体(大津市)も出てきた。国内の他の自治体にも波及する恐れもある。 …
コメント:0

続きを読むread more

感染症対策と自治体の取り組み

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象が全国に拡大されて初めての日曜日を迎えた。政府や自治体は、さまざまな形で私たち市民に不要不急な外出を自粛し「家にいよう」と盛んに呼び掛けている。だが、何度も言うが、家でゆったりと過ごせる人ばかりではない。それどころか、急激な景気の悪化で家を失いかねない人が急増している。  …
コメント:0

続きを読むread more

ある医師からの伝言

 私はこの所、ずっと家にいる。いや、外に出て、やらなければならない仕事がない身の上に感謝しなければならない。世間には私のように家に居られる人だけではない。家にいては、仕事にならない、生活ができない人々もたくさんいる。極、当たり前のことである。  しかし、今、私たちがやるべきことは、ウイルスに勝つこと、ウイルスを封じ込めることで…
コメント:0

続きを読むread more

どうなる大相撲夏場所(5月)の行方!!

 コロナショックの影響は、あらゆるスポーツに影響を及ぼしている。私の好きな大相撲も例外ではない。今年の大相撲春場所(3月開催)は日本相撲協会にとって、初めて無観客での開催となった。場所前から各行事が中止になるなど厳戒態勢の中、開催は苦渋の決断であった。その為、場所中に力士の一人でも感染が起これば、途中でも場所そのものが即中止となると…
コメント:0

続きを読むread more

政府の危機感が足りない

 今日は一週間の始まりの月曜日である。しかし、窓の外は強い北風とともに冷たい雨が降っている。何となく寂しい朝を迎えた。この悪天候では、いつもの散歩もできない。まして新聞休刊日と重なった、緊急事態宣言が発令された初めての月曜日である。  手元のラジオからは安倍首相に関するニュースが報じられている。内容は12日、ミュージシャンの星…
コメント:0

続きを読むread more

いつもと違う春(気分の晴れない日々)

 今朝も近くの防災行政無線(防災あびこ)スピーカーから「新型コロナウイルス感染症対策本部からお知らせをいたします。4月7日に新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発表されました。新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、不要不急の外出の自粛をお願いします。また、手洗いや咳エチケット等、感染症の予防をお願いします。」のメッセー…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍と政治の闇

 コロナ禍で連日、都道府県の各知事が「外出自粛の要請」を連発、特に若者向けには夜の外出をしないように声高に訴えている。新型コロナの拡大防止に向けた瀬戸際は今も続いている。  学校の再開時期も感染拡大警戒地域の東京都は大型連休(GW)が終わる5月6日まで都立校の休校を決めた。学校再開時期は各自治体の判断に任せられるようだが分散登校や…
コメント:0

続きを読むread more

市制施行50周年の新年度がスタート!!

 一体、この先は、どうなるのか。新型コロナウィルスのまん延が止まらない。つい2~3か月前には、とても考えられないことが今、現実に起こっている。まさに混沌とした世の中である。  それにしてもめぐり合わせの運、不運はいつの時代もあるものだ。先月、中学校を卒業した皆さんは小学校の入学式も東日本大震災の余震が続き、不安を胸に入学式をさ…
コメント:0

続きを読むread more

手づくりマスクと外出自粛

 新型コロナウイルスの世界での感染者が3月26日(木)、50万人を突破した。依然として感染拡大に歯止めがかからず、事態は深刻化している。日本では3月25日(水)夜、「感染爆発・重大局面」のボードを掲げて、緊急記者会見する東京都知事。ついに新型コロナの恐怖が首都、東京にも襲い掛かってきた。翌、3月26日(木)には首都圏の5都県知事が共…
コメント:0

続きを読むread more

言葉の力とHEAL THE WORLD

 大方の皆さんが予想していた東京オリ・パラの延期が確定した。しかし、いつなら開催できるのか、その答えを現段階で見出すことはできない。開催の主導権は現在もウイルスが握ったままである。このような非常時、危機の時の指導者の良し悪しは大変に重要である。指揮官として、あいまいな指示をすることはできない。なぜならば国家の存亡を左右する時、いかに…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナと大相撲春場所(無観客)

 全く治まる気配がない「コロナ旋風」。東京オリパラ開催に向けて、聖火が日本に到着、本当に開催できるのか。はたまた、延期となるのか。不安の中で聖火は日本国内を走り出すのか。そんな中で3月22日、ついに我孫子市の在住者で新型コロナウイルス感染症患者が発生した。患者は30代の女性で3月10日以降、コートジボワール共和国に出張、肺炎患者…
コメント:0

続きを読むread more

何でも自粛する議会の是非

   コロナ、コロナでいい加減、嫌になっている方々が多いと思う。かくいう私もその一人である。そんな中で我孫子市議会が3月18日(水)に定例市議会が閉会、令和2年度の新年度予算他が成立、確定した。今議会の特徴として新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、各自治体の議会で傍聴を中止したり、自粛を求めたりする例が相次いでいた。我孫子市議会…
コメント:0

続きを読むread more

2020年3月13日は金曜日!!

 まさに、13日の金曜日である。世界保健機関(WHO)が11日にジュネーブで記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大について、「パンデミック(世界的な大流行)」の状態であることを発表した。それと同時に、トランプ米大統領は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、英国を除く欧州各国からの米国渡航を30日間停止すると発表。このコロナショ…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスショックと政治

 今、世間はコロナウイルス問題(感染症)一辺倒となり、マスコミ・報道等もコロナ問題に埋め尽くされている。今年、1月中旬に新型コロナウイルスの患者が国内で確認され、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で感染拡大が起こり、問題が深刻化していたにも関わらず、政府、とりわけ為政者である安倍首相は自らの言葉で、この問題を発信することを意図的…
コメント:0

続きを読むread more

会計年度任用職員制度へ移行!

 昨年11月末、私は我孫子市議会議員を任期満了で引退して早満3カ月を過ぎた。来月4月から地方自治体の非正規職員の多くが改正地方公務員法と改正地方自治法で新設された「会計年度任用職員」に移行される。引退前に市議会議員として取り組んできた、「官製ワーキングプア―問題」、自治体公務における非正規職員の増加問題がクローズアップされる時を迎え…
コメント:0

続きを読むread more

新型肺炎と政権与党

  政治の嘘が止まらない。政府の今年1月の月例経済報告では「景気は穏やかに回復している。」とんでもない報告がまことしやかに報道されている。昨年の10月の消費増税によって景気は一段と冷えているのが実態。新型コロナウイルス感染症で世界同時株安、中国経済の悪化等は世界経済の危機につながる。東京オリパラまではミニバブルが続くと思っていたがど…
コメント:0

続きを読むread more

静岡 花の舞酒造 見学会

 先日の三連休(2/22から2/24)毎年の恒例行事となっている静岡、浜松市浜北区宮口にある「花の舞酒造」の酒蔵見学会に出かけた。私はこのイベントに一昨年も参加、その時に飲んだ日本酒の味があまりにも美味しくて忘れられない。昨年は、どうしても仕事の関係で参加できず、2年越しの美味しい蔵出し酒を堪能する機会となった。 この酒蔵見学会は…
コメント:0

続きを読むread more

政治の絶対条件は「信用」

 中国に発した新型コロナウイルスによる肺炎は、日ごとに新たな死者(日本含む)罹患者数が増えている。一国の宰相である安倍首相は国会で、人混みにはできるだけ行かないようになど、ばかなことを言っている。自分は運転手付きの車で移動する身、普通の市民は満員電車で通勤し、スーパーにも買い物に行く。何を言っているのか。最近の政治、国会の質疑…
コメント:0

続きを読むread more

成田線の歴史と千葉の鉄道

 JR成田線(我孫子―成田駅)は1901(明治34)年に開業し、来年、2021年に開業120周年の節目を迎える。本日、2月8日(土)、午後1時半からアビスタにて、120周年のプレイベント、「千葉の鉄道物語~成田線を中心に」と題した、県立中央博物館の内田龍哉主任上席研究員(学芸員)を講師に迎えて、講演会が開催された。  私も事前…
コメント:0

続きを読むread more

2020年始動!!

 2020年、東京オリパラの年がスタートして早10日目。「令和2年」はキナ臭い動きに世界が揺れている。戦争の危機を高めるトランプ政権。米軍はイラン司令官をテロリストとして殺害。イラン政府高官の一人である革命防衛隊司令官を殺害されたイランは対米報復を宣言。イランは米軍のイラク駐留基地にミサイル攻撃。その後、米・イラン互いに「戦争は望ま…
コメント:0

続きを読むread more

大晦日に思う。

 元号が令和になった2019年、本日は大晦日である。私にとって今年は大きく二つの点で特別な一年となった。一つは9期、36年間、活動を続けてきた市議会議員を11月末で引退をしたこと(選挙に不出馬)、そして、もう一つは5歳下の弟、印南茂を6月7日に胃ガンで亡くしたことである。  今、9期、36年間の市議会議員の活動は我が人生で最も…
コメント:0

続きを読むread more

市議を引退して初めての師走

  令和元年の師走を迎え、街にはクリスマスソングが聞こえる季節となった。 皆さん、いかがお過ごしでしょうか。   私は11月末で我孫子市議会議員を引退したので、12月に入り、長男が駐在しているAUS PERTHに家内と二人で旅をしてきた。真の定年旅行のつもりである。   ただ、9期、36年間の市議会議員を辞めると、こんなにも、…
コメント:0

続きを読むread more

日立アカデミー我孫子研修所『庭園公開』と新たな旅立ち

 『庭園公開』  昨日(11月30日)は毎年、楽しみにしている高野山台地にそびえる旧日立総合経営研修所の庭園公開に参加した。だんだんと変わりゆく我孫子の風景の中で、本庭園は手賀沼の眺望と自然が多く残る貴重な我孫子の財産の一つ。庭園を所有している(株)日立アカデミーのご厚意で季節感の漂う庭園を毎年、市民に公開していただきありがたいと…
コメント:0

続きを読むread more

2019我孫子市議選、新議員決まる。

 我孫子市議選(定数24)は11月17日に投開票され、新議員が確定した。立候補していた現職は私を除いて、20人、前職1人(市長選、県議選に挑んだ飯塚氏)、新顔9人の計30人。当日の有権者数が11万741人。投票率は42.91%(前回44.83%)過去最低となった。  新顔での当選者は私が抜けた分、1名のみであり、2~3か月前に立候…
コメント:0

続きを読むread more

「祝賀御列の儀」と我孫子市議会議員選挙

 本日、11月10日(日)、天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が雲一つない秋晴れの下、執り行われた。それと同時に、我が街、我孫子市は4年に一度の我孫子市議会議員選挙の告示日、市議選の始まりであった。今日から一週間、選挙活動を行うことができる期間となる。  4年前の市議選の最中は雨模様の日が多く、外に出ている市民も少なく、…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯2019 終了!!

 世界で三番目に大きいスポーツイベントと呼ばれているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会2019年が11月2日に終了した。初めて日本で開催されたW杯は、日本チームの活躍に日本中が興奮し、私たちに大きな勇気と感動を与えてくれた。 日本チームは目標とした予選リーグを4戦全勝、予選を第一位で通過し、初めて決勝リーグに進むことができた…
コメント:0

続きを読むread more

11月17日は我孫子市議会議員選挙の投開票日です。

   このところ、にわかに市内の各駅周辺に人が立つようになった。いつもの光景なのだが、何かの選挙が近づくと朝・夕の駅周辺が騒がしくなる。普段、駅に立ったことのない現職の議員たちも、こぞって駅に立ち始める。  私たちの街、我孫子市は令和元年、今年は選挙の年、1月の市長選、4月は県議選、7月の参議選、そして11月17日投開票予定の我孫子…
コメント:0

続きを読むread more

台風15号と命の水

 我孫子市議会、9月定例市議会は議員任期(4年間)最後の市議会である。9月2日に始まった任期最後の定例市議会も終盤となり、残すところ24日、25日の平成30年度の決算審査特別委員会だけとなった。  それにしても、我が千葉県は9月9日(月)未明の台風15号の通過以降、大規模停電等が発生、その影響による電話やインターネットの通信障…
コメント:0

続きを読むread more

第40回我孫子市少年交流サッカー大会(記念大会)

 9月1日、8日と二日間をかけて、第40回我孫子市少年交流サッカー大会が五本松運動広場、湖北台東小、湖北台西小の三か所のグランドで開催された。この少年交流サッカー大会は我孫子ライオンズクラブの後援を得て、我孫子市内の4年生以下8チームと千葉県内6市、茨城県内3市1町の各チームお招きして毎年、大会が行われている。今年は40回いう節目でもあ…
コメント:0

続きを読むread more

第73回布佐中学校体育祭 2019.9.7

 本日は市内6中学校のトップを切って令和元年の布佐中学校体育祭が開催された。台風15号がすぐそこに迫ってはいるが、今日の天気は快晴、真夏の厳しい太陽が容赦なく降り注いでいた。  毎年、布佐中学校の体育祭を楽しんでいるが、今年の布佐中学校は全校生徒、総勢211名、一学年約70名の少規模校となっている。今年の体育祭実行委員長を務める3…
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月議会の最大の争点 (我孫子市会計年度任用職員の給与等に関する条例)

 本日、9月2日(月)議員任期、最後の定例市議会が始まる。2019年9月議会の最大の争点となる議案は第一号「我孫子市会計年度任用職員の給与等に関する条例」である。平成29年5月に成立した国の改正地方公務員法及び地方自治法の改正で、自治体で働く非常勤職員の多くが来年、2020年4月から「会計年度任用職員」に移行する。「会計年度任用職員」は…
コメント:0

続きを読むread more

8月の終わりに(川柳の世界)

 今年の夏も終わろうとしている。明日から子ども達は、それぞれが、いろんな夏の思い出を胸に学校へ。季節は確実に秋へ歩み始めている。  8月最後の日、31日、私は新松戸で開かれた、川柳サークル「東葛川柳会」代表である江畑哲男さんの自著(熱血教師)の出版記念会へ出席、その後、我孫子駅前で開催されている河童祭など、8月最後のイベントに参加…
コメント:1

続きを読むread more

2019利根町民納涼花火大会

 今年も利根町の花火大会が盛大に開催された。 私は8月3日の手賀沼花火大会、8月10日の取手花火大会 8月17日の利根町花火大会と我孫子市周辺の三大花火大会を 観たが、全て、好天に恵まれ、風の具合も良く、すばらしい 花火大会であった。  今年は梅雨が長く、梅雨明けと共に、全国各地で うだるような酷暑が続いている。記録的な…
コメント:0

続きを読むread more

NECグリーンロケッツ選手(ラグビー)との交流会 in

 昨夜(8/10土曜)はNECグリーンロケッツ選手(ラグビー)との交流会に参加した。この交流会はNECロケッツクラブ会員限定のイベントであり、年に一度、ちょうどNECラグビーグランドの反対側、利根川をはさんだ取手市の花火大会の当日に、「選手の皆さんとの交流会」を行い、その後、広々としたラグビーグランド(人工芝側)で選手の皆さんと一緒に花…
コメント:0

続きを読むread more

じゃぶじゃぶ池で遊ぼう!

 今年は梅雨が長い。その中で本日は久しぶりの快晴、太陽がじりじり照り付ける酷暑の日。市役所で総務部との打ち合わせをした帰りに7月20日(土)にリニューアルした、「じゃぶじゃぶ池」に寄ってみた。案の定、子ども達の歓声が聞こえ、多くの親子連れで賑わっていた。 これまで水遊びをすることができなかった手賀沼親水広場「じゃぶじゃぶ池」は、き…
コメント:0

続きを読むread more

ご当地発車メロディー

  「ご当地発車メロディー」とは何なのか。皆さん、ご存知でしょうか。その意味は鉄道の駅において、列車が発車することを知らせるメロディーが地元にゆかりのある曲であるということ。6月定例市議会の最終日、私が副会長を務める「成田線を便利にする議員の会」の総会に、市内在住で東葛飾高校1年生、織田涼佑くんが訪れ、我孫子駅や天王台駅に「ご当地メロデ…

続きを読むread more

令和元年度 布佐南小学校運動会

  新たな元号、令和になって初めての布佐南小学校の運動会である。今年は4月から5月にかけて、10連休が入り、新一年生などは、入学して一か月余りで迎える小学校の運動会。どんな運動会になるのか。楽しみに参加した。今年の布佐南小運動会のテーマは「令和元年 走れ!真剣勝負!布佐南」。5月25日(土曜)、この日は5月にしては暑い、30度を超える真…

続きを読むread more

会津のブナ林に遊び&学ぶ

  後数日で平成という時代が終わろうとしている。皆さんにとって平成の30年間はどんな時代だったのでしょうか。私の住む、我孫子市に平成の時代、ブナについて興味を抱き、会津若松を拠点として全国のブナ林を訪問、歩き廻り、ブナについて研究を行うことを第二の人生の目標として実践し、謳歌している方がいる。   先日、その方からメールをいただき…

続きを読むread more

ついに来た、我が家にも。

  世の中、一体どうなっているのだろう。この所、怪しい通達書やメールがやたらに我が家にも届くようになった。4月の初め、我が家の妻宛てに、「民事訴訟最終通達書」なるハガキが届いた。妻は即座に、このような詐欺が今、世間では横行していると嘆いた。   そのハガキには妻宛てにある企業、団体から契約不履行による訴状が提出されたことが書いてあ…

続きを読むread more