我孫子市議会議員 印南宏のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS NEC地域親睦ソフトボール大会&我孫子市サッカー協会総会

<<   作成日時 : 2017/05/15 09:24   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  5月の第二日曜日は母の日、私は、毎年、母の日はNEC地域親睦ソフトボール大会に参加している。NECの事業場が我孫子市に開設して35年余り、このソフトボール大会は通算で32回目、NEC地域親睦ソフトボール大会という冠で開催しているのは18回目を迎えた。
画像

  この大会は、NEC我孫子事業場が@地域の皆さまにご家族を含め、楽しんでいただくこと。A地域の皆様の相互親睦、地域の皆様とNECとの親睦を図るためを目的として行われている。今年も近隣の自治会チーム(5チーム)、市内のソフトボールを愛好するクラブチーム(4チーム)が集合して、盛大に開催された。
画像

  気になったのは、前日の土曜日が大雨、当日のグランドのコンディションが心配されたが、グランドは排水施設、暗渠が功を奏し、水たまりは一か所も無く、プレイに何ら支所もない形で行うことができた。大会日(日曜日)は時折、霧雨が降るような天気だったが、そんなに暑くもならず、参加した皆さんは、広い芝生のグランドの中、家族総出の楽しいソフトボール試合と各チーム代表者によるストラックアウトゲームなどを楽しむことができた。
画像

  ソフトボール大会後、私は顧問を仰せつかっている我孫子市サッカー協会の平成29年度の総会へ出席した。総会では平成28年度の事業報告、決算、そして平成29年度の事業計画案、予算案などを可決し、総会はすべての議案が承認、可決された。

  我孫子市サッカー協会の課題、その一つは我孫子市の人口減少、高齢化に伴い、競技人口の減少にある。特に、今年度、市内の全6中学校、新入生のサッカー部への入部した人数は、常磐線沿線の3中学校(我孫子中・白山中・久寺家中)は各校とも11名を超える入部があったが、成田線沿線の3中学(湖北中・湖北台中・布佐中)は入部した人数は一桁台、特に布佐中はサッカー部に入部は「0」となっている。新人戦の市内大会はできない状態にある。サッカー部の存続も危ぶまれている。
  また、昨年に大きな動きとなって現れた、我孫子市サッカー協会の悲願である市営サッカー場(人工芝)建設について、その実現に向けて我孫子市サッカー協会は、全力で取り組みを強化することが確認された。

  東京オリンピック・パラリンピックが2020年に開催予定、スポーツを通したまちづくり、活性化が叫ばれている中、我孫子市のスポーツへの取り組み強化が必要になっている。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
NEC地域親睦ソフトボール大会&我孫子市サッカー協会総会 我孫子市議会議員 印南宏のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる