我孫子市議会議員 印南宏のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我孫子市議会 9月定例市議会の終了!!

<<   作成日時 : 2016/09/30 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  今日で9月が終わり、明日からは10月。今年も後3か月となった。お正月の「お節」の予約販売が早くも新聞に掲載されるなど、一年が足早に過ぎていく、月日の流れの速さに驚く昨今である。
画像

  昨日、9月29日(木)は我孫子市議会9月定例市議会の最終日だった。提案された19議案、その中には平成28年9月補正予算や平成27年度の一般会計&特別会計の決算審査も含められているが、すべての議案が可決・承認された。
画像

  9月定例市議会の争点となったのは、やはり来年4月、水の館内にオープン予定の農業拠点施設(販売・加工・飲食店)に関係する内容であった。2号議案として提出された、農業拠点施設を整備するにあたり、必要な加工施設調理機器、飲食厨房機器など備品一式を購入する財産の取得について、が主な争点となった。
画像

  農業拠点施設は市が現時点で全面委任を考えている「株あびベジ」の経営計画が定まらない中で、我孫子市がどこまで飲食関係の備品一式を用意すべきなのか。判断に困る、難しい状況にある。
  また、管理・運営方針も当初、「行政財産の使用許可」を行い、「株あびベジ」に全面委任する予定だったものを突然、市の責任所在等を明確にする意味で、「指定管理者制度の導入」を行い、管理・運営方針の変更を8月末に開催された所管の環境都市常任委員会の勉強会で明らかにした。管理運営方針も揺れ動いている中で、飲食店を行うに必要な機器類として、提出された議案内容が本当に妥当なのか、必要以上の機器類が入っていることはないのか。市がここまで用意する必要があるのか、否か。市議会の質疑では曖昧なままで不信感が残ってしまった。

  その上、指定管理者の選定について、指定管理者制度の原則である、公募する方式をとらずに、条例の第2条第1項の但し書きにより、公募をしない方法で「株あびベジ」を選定すると勉強会で発表した。公募を行わないことは、公平性の観点で市民の理解が得られるのか。また、我孫子市の農業振興の柱として委任される「株あびベジ」に対して、市議会では本当に経営は大丈夫なのか、近くにあるコンペチター、しょうなん道の駅などと競争して生き残ることができるのか、我孫子市農業の振興の柱として、経営を心配する多くの議員の意見を払拭できない中での議案審議となってしまった。

  結果的に賛成多数で議案は可決をされたが、本会議で賛成討論?を聞いても討論の中身が、本当に賛成討論となっているのか、理解に苦しむ賛成討論であった。

****************  


   ○議会報告会を開催します! (市民に身近な議会の実現を目指して)

  我孫子市議会は議会基本条例第6条に基づき、第二回議会報告会を市内三会場で実施します。 
今回は、28年9月議会に付託された議案等の審議経過や結果、その他に「議員定数」について、これまでの定数の推移や現状、他の市議会の状況等を説明し、今後の議員定数の参考にするために、市民の皆さんからご意見をいただきたいと考えています。事前申し込みは不要です。(受付は開始30分前から)奮ってのご参加をお願いします。

  【日時・会場】
 平成28年10月22日(土)9時半〜11時半 湖北台近隣センター 多目的ホール
 平成28年10月22日(土)14時〜16時   近隣センターふさの風 多目的ホール
 平成28年10月23日(日)14時〜16時   市民プラザ 多目的ホール

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
我孫子市議会 9月定例市議会の終了!! 我孫子市議会議員 印南宏のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる