我孫子市議会議員 印南宏のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校野球と青春の思い出

<<   作成日時 : 2016/07/18 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  夏、それは高校野球のシーズン到来。私は高校野球ファンの一人である。何といっても、3年間という短い高校時代、部活、野球一筋に一生懸命、歯を食いしばり、練習を重ねて、勝利を求めて、チーム全員で歯を食いしばる。その一生懸命さが好きなのである。
画像

  私の故郷は銚子市、私の中学時代の銚子商は黒潮打線で有名な全国屈指の強豪校。近所には甲子園で優勝した投手、木樽正明さんや年代は少し違うが巨人で活躍した篠塚選手などがいる。二人とも私と同じ銚子一中の出身、二人とも顔見知りの同郷人である。

  現在、高校野球で強いチームというのは、全国から素質のあふれる、力のある選手を集められるチームに限られる傾向はあるが、この所の千葉県大会を見ていると、近年優勝した各校に力の差がない。今年の甲子園切符をもぎ取るチームはどこなのか、興味は尽きない。
画像

  第98回全国高校野球選手権大会千葉県大会も現在、3回戦が行われ、甲子園を目指して連日、熱戦が繰り広げられている。私は昨日17日(日)、3回戦に勝ち進んでいる母校、東総工業高校(東総工)の応援に向かうため、一人、車を走らせた。曇天の空の下、雨模様を気にしながら、会場である、成田市郊外「ナスパ・スタジアム」へ、二回戦、11時15分が予定なのだが、一回戦、地元の強豪、成田高と津田沼高の試合に多くのファン・応援者が駆け付け、駐車場・応援席も超満員、一時間前から私は駐車場入り口で待機、ようやく、一回戦の試合終了後の入れ替えで車を駐車させることができた。
画像

  今日の試合相手(東総工VS昭和秀英)の昭和秀英は海浜幕張にある私立、中高一貫の進学校。過去に一度行った、練習試合では我が東総工が勝っていると事前情報は聞いていたが、勝負はやってみないとわからない。案の定、試合は4回まで互いに譲らず、投手戦0対0、試合が動いたのは5回と8回、いずれも二死からの東総工の連打で2点を挙げ、4対1で我が東総工が勝利することができた。

  この試合で、相手校、昭和秀英の応援団のすばらしさに感心した。女性の応援団長?が試合開始前、力強く、対戦校、東総工に応援のエールを投げかけるとともに、試合後、勝利した東総工に対して、またもや女性応援団長?が勝利を祝うエールを声高らかに行ってくれた。とても気持ちの良いエールに昭和秀英のすばらしい校風を感じることができた。女性の応援団長?「ありがとう。あなたの、その声、エールを私は、けして、忘れません」。
画像

  次の相手は、明日19日、千葉敬愛と4回戦が行われる。柏の葉球場は自宅から近い。仕事の調整をつけて、是非、応援に駆けつけたいと思っている。青春それは熱い夏。夏の高校野球、それは私にとって青春そのものである。

  全国の高校野球選手の諸君、応援者、ファンの皆さん、それぞれ母校の名誉をかけて、悔いのない試合、プレー、応援に努めて下さい。それは、二度とない、過ぎ去っていく、一人ひとりの青春、そのものなのだから。宏


画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
高校野球と青春の思い出 我孫子市議会議員 印南宏のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる